Trainer 04

Naoki

大学受験時に戦略的に英語の勉強を始めたところ、一年で偏差値が20アップ。また初めてのTOEIC受験の際には、準備期間1ヶ月半で当時の目標の800点台を大幅にクリア。(現在は900点超え)「しっかりとした戦略・メソッドに基づいて学べば、誰でも効率的かつ確実に英語の力を身につけられる」と確信しています。中学の英語教員の経験をいかしながら「TOEICと言えばLePlus」と言われるよう、最も効果的な学習を提案し、サポートをしていきます。

独学で地道な努力で英語力を伸ばし、英語の道に進んだ久永トレーナー。「戦略的に学んで、確実に英語力を上げてきた」経験やトレーナーへの思いについて聞きました。

学生時代には様々な活動に打ち込んできたと聞きました。どのようなことに情熱を燃やしていたのでしょうか。
  私が幼少期に夢中になっていたのはバスケです。小学校から始めて大学2年生まではかなりバスケ一色の生活でした。高校の時にアメリカのプロのストリートバスケットボーラーのプレイを間近で見る機会があり、すっかり魅せられて「自分もこの道でプロになりたい!」という夢を持っていました。ところが大学でバンドを始めてサークルの部長になり、本格的に打ち込んだことで、今度は音楽に熱中するように。しかし、当然ながらなかなか厳しい世界です。それで「英語を仕事にしよう」と考えるようになりました。
なるほど。夢中になると情熱を注ぎ、本格的に追求するのですね。それが今は英語になったのだと思いますが、英語は学生時代から得意だったのですか?
いえ、もともと英語は苦手で、本格的に学習し始めたのが大学受験の時です。受験する際の得意教科にしようと戦略的な勉強法を必死に考え、色々と試行錯誤した結果、1年間で偏差値を約20上げることができました。英語がとても好きになったため英文科に入学すると、周囲には帰国子女やネイティブ並みに英語が話せる人がたくさんいたので、それも良い刺激になりましたね。
1年で20も偏差値を上げるというのは、よほど正しく効率的な勉強法を実践したのですね。

そうですね。受験期間は限られているので、まずは学校で教えてもらえなかった英語の勉強法を含めて情報収集から始めました。またこの時の経験から、初めてTOEICを受験した際にも問題や傾向を分析して戦略的に学習計画を立てて、1か月半で目標の800点を大幅に超えることができました。

英語が好きだったからこそ、「英語のプロになろう!」と思ったのですね。
はい。塾講師の経験から人に教えることも好きだったので、「英語の教員になろう」と思い、教員免許を取得し、昨年まで私学の中高一貫校で英語教師として勤務をしていました。
英語教員からLePlusのトレーナーになろうと思ったのはなぜでしょうか?
 好きな英語を教える教員という仕事は非常に楽しかったのですが、英語を教えることにもっと集中し専門性を高めていきたいという思いが強まりました。TOEICは私自身も短期間で目標点数を達成するために、戦略的な勉強法を必死に考えていた経験もあるので、その経験もいかせるのではと思ったのです。
教員の経験をいかして、LePlusではどのようなレッスンを行っていきたいですか?
学校には性格やモチベーションを含め色々な生徒がいたので、一人一人の個性や性格を考えながら「どうやったらこの子はもっと伸びるだろう」ということを日々考えていました。そういった経験から、生徒さんの弱みを見つけ出したり、改善する方法を性格に合わせて提案していきたいと思っています。LePlusのトレーナーはレッスンや教材の研究に集中できるのが何よりもありがたいことだと思っているので、最高のレッスンを提供できるように極めていきたいです。そして将来的には「TOEICならLePlus!」と認知されるよう、私自身も努力を重ねていきます。
それでは最後に、生徒に一言お願いいたします。

戦略的かつ正しい方法で学習すれば、短期間で大幅に英語力をアップできることは私が実証済みです。3か月共に頑張って期待以上の結果を出しましょう

他の先生のインタビューはコチラ